ディーラーと中古車買取業者の査定に差が出る理由

ディーラーと中古車買取業者の査定に差が出る理由

ディーラーの下取り査定と中古車買取業者の
買取査定とでは、査定額に大きな差が出る事があります

これにはいくつかの理由が存在します。

 

 

 

まず一つ目に、査定項目の質の違いがあげられます。
ディーラーが下取りを行う際は、査定項目が少なく、車種、
グレード、年式、走行距離が基本的な査定ポイントとなっており、
車の価値を計り切れるには査定の項目数が少ないのが現状です。

 

 

 

それに対して、中古車買取業者の査定項目は車種やグレード
といった項目だけでなく、外装や内装の状態や、
エンジン周り等、非常に細分化されているのです。
これによってディーラーでは見つける事が出来ない
車の価値を測ることが出来るようになっており、
売却する際の金額が高くなるのです。
ディーラーと中古車買取業者の査定に差が出る理由
ただし、非常に新しく走行距離の短い車であったら、
ディーラーの下取りの方が値段は高いこともあります。
二つ目に、販売形式の違いがあげられます。
ディーラーというのは新車を作って売る事で利益を
挙げることがメインになっています。

 

 

 

ですから、中古車を購入することはあまり得意としていないのです。
さらに、新車を販売する事にたいする競争はあっても、中古車を
購入する競争は無いために、査定額が高くなりづらいのです。
それに対して、中古車買取業者は、中古車を買う事が
まずメインとなります

 

 

 

商売をする為の道具を、作るのではなく売るわけですから、
売れる車であれば他社に取られないように
競争をする必要もある
のです。
その結果車の査定額も高くなるのです。

 

 

 

⇒ 廃車寸前の車をお得に処分する方法のページに進む

 

⇒ フーガ 買取のTOPページに戻る