カーローンがまだ残ってる!そんなフーガの売却術

カーローンがまだ残ってる!そんなフーガの売却術

フーガを売却する際に、まだカーローン
残っている場合もありますよね。
カーローンが残っていると車を売却する事が不可能だと
思う人も多いと思いますが、そういった場合でも
車を売却する方法があるのです。

 

 

 

ローンが残っている状態で車を売却する方法は、
自身の組んでいるカーローンの形態によって方法が異なります。
まずは、車検証で車の所有者の名義を確認しましょう。
ここが自分の名義になっている場合は、ローンが残っている状態で
売却を行っても特に問題はありません。

 

 

 

車の所有権が自分にある為、その車の扱いを
どのようにしても自由だという事ですね。
ただし、車の所有権が他の人に移ったからといっても、
ローン残高まで他の人に移るわけではないので、
返済は行う必要がありますよ。

 

 

 

次に、所有者がローン会社やディーラーになっている場合は、
ローンを完全に返済して所有権を自分に移す必要があります

というのも、所有権がローン会社やディーラーにある場合
というのは、車自体がローンの担保になっている状態で、
自分の物では無いので勝手に売却をする事は出来ないのです。
カーローンがまだ残ってる!そんなフーガの売却術
しかし、中古車買取業者の中には、フーガの売却額によって
ローンの清算を行って所有権移転の手続きを
行ってくれる所があります

例えばローン残金が100万円、フーガの査定額が
120万円だった場合、買取業者が100万円の立替を行い、
売却主に差額の20万円を支払うという事です。

 

 

 

ローン残金と、査定額の差額がプラスにならなかった場合は、
不足分を買取業者に支払う事で、フーガを売却する事が出来ます

これを利用することによって、ローンが残っており、所有権が
自分にないフーガでも、売却を行う事が出来るようになります。
車の売却は思い立った時が一番良いタイミングと言われています。
ローンが残っていたとしても、このように車の売却を行う方法は
ありますので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

 

⇒ フーガの買取額相場を知るなら一括見積が便利のページに進む

 

⇒ フーガ 買取のTOPページに戻る